読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そこぬり

雑記ブログ。いろいろ書いています。

最強に飲みやすく美味しいプロテインを紹介する!

f:id:sokonukikuri:20170505224252j:plain
どうも、くりば
(@kurisoko) です。

本格的なトレーニングに必須アイテムなプロテイン
プロテインの存在はしっているけれど飲んだことがないという人が多いはず。
そんなプロテインについて少し解説し、個人的にオススメする飲みやすいプロテインを紹介していきます!

プロテインの必要性について

プロテイン(protein)は日本語でたんぱく質を指す言葉。
たんぱく質は体作りに必須の要素。

たんぱく質が不足していると疲労しやすくなったり、怪我からの回復も遅くなるなどマイナス要素が多いのです。

運動を行うと筋肉などがダメージを受け、それを修復するためにたんぱく質が必要になります。

激しいトレーニングを行う人なら一日に必要な摂取たんぱく質量は体重1キロあたり2gとされています。
体重70キロの男性なら140g必要というわけですが、これを食事だけで摂取するのは難しいです。

そこでプロテインが役に立つ。
プロテインなら効率よくたんぱく質を摂取できます。一食でたんぱく質を20g前後を摂取できるので、非常に助かる代物なのです。

一食で20g撮れるんですよ?二食なら40g…。必須量をかなり補えちゃうんですよ!

ちなみにトレーニング後はすぐにプロテインを摂取すると効果的な吸収が望めますよ。

プロテインは太るのか?

プロテインを摂取しすぎると太るというイメージを持つ人もいます。

ただプロテインのカロリーはそれほど高くないので、飲んだだけで太ると言うことはありません。
しかし結論としてどんな食品でも食べ過ぎると太るので、プロテインでも同じです。食べすぎ注意。

プロテインには体重増加を目的としたハイカロリーな物もあるので、選ぶときには注意が必要です。

飲みやすいプロテインはこれだ!


最初に断わっておきますが「飲みやすさ」に重点を置いています。成分量とかは考慮していません。あくまでも「飲みやすさ」ですのでご注意ください。

プロテインは牛乳に混ぜて飲む人が多いです。
牛乳はたんぱく質量が多く、それにプロテインを混ぜれば更に摂取たんぱく質量が増える。そんな効果を狙って牛乳に混ぜるのですよ…。

しかしプロテインには様々な味があります。

バニラ味、ココア味、バナナ味…。

色々とありすぎてどれを選んでいいか分からない人も多いはず。

甘みのあるココア味やチョコ味などは牛乳とよく合うのですが、牛乳がないときなどは困るのです…。

水に溶かしたココア味、バナナ味のプロテインはあまり美味しくない(個人的な意見です)。
牛乳があれば飲めたのに水だけでは飲みにくい…。美味しくない…。苦行だこれ…。そう感じることが多々ありました。

人によっては牛乳が飲めない、牛乳を飲むとお腹を下すということもあるでしょう。

たんぱく質を摂取したいが、プロテインの味に慣れない…。
牛乳は体に合わない…。水だけでは飲みにくい…。どうしよう…。まぢむり…。

そんな人にオススメしたいのが、これです。ザバスのグレープフルーツ味。

 
そう、グレープフルーツ味などの柑橘系の味付けです。レモン味もあります。
柑橘系の味付けなら水だけでも十分飲みやすいです。牛乳にも中々合う味なのでオススメしたい味付け。

牛乳がダメ、牛乳を切らしている…。そんな時に水だけでもさっぱりと飲めてしまいます。そう、柑橘系の味付けならね。

めちゃくちゃお勧めです。
アセロラ味もあります。



プロテインはマドラーやスプーンでは混ぜにくいです。ダマになったり溶けにくいので、シェーカーをオススメします。水とプロテインを入れてフタをして振るだけ。効率よく混ぜることが出来ますよー!